私にとってのアフィリエイトとは?

私にとってのアフィリエイトとはなにか?ということをふと考えてみました。私が初めてアフィリエイトに出会ったのは、大学生の頃。ネットサーフィンをしていたら、いわゆる「お小遣い系」のアフィリエイトサイトに出会ったのが初めてです。

そのサイトを読んでいたら、自分でホームページを作って、そこにアフィリエイト広告をのせよう!という内容だったんですね。当時純真無垢だった私はお金稼げるの!?という感じで飛びつきました。学生ってそんなもんですよね。時間はあるが、金はないとはうまくいったものです。

そこからは必死でした。とにかく当時はブログなんてものはほとんどなくて、1からHTMLを勉強しながらホームページビルダーでサイトを作り、そのうち手打ちでHTMLが打てるようになって、その次はCSSを勉強し、サイトを作れるようになったんですね。まさに一つのサイトを作りながら学んでいきました。ちなみに私も最初は「お小遣い系」のサイトだったのを覚えています。

サイトがある程度形になってきたらASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録し、広告を貼っていきました。この時楽天とか有名なショップと提携できることを知り、これはすごいと思ったものです。「これは稼げる」と。でも実際まともに稼ぎ出したのはずいぶん先で9ヶ月ぐらい先だったでしょうか?初めて5000円が振り込まれたときは感動ものでした。

初めてアフィリエイトを知ったときからもう10年近くになります。10年間近く安定して稼いでいます。ただ、モチベーションが上がったときもあれば、下がってほとんどやっていなかったときもあります。ですが私の幾度となく訪れた「経済的ピンチ」を救ってくれたのはいつもアフィリエイト収入でした。もはや私の人生といってもいいぐらいです。

今、私のアフィリエイトに対するモチベーションは間違いなく最高潮です。今までで一番強烈なペースでサイトを作り、大きく稼ぐことを目標としています。具体的には月に1000万円まで到達したいと考えています。

まだ、この壁は遠いものだと思います。ですが、目標を一点に定め、とにかく走りたい。そう密かに思うこの頃です。俺はやる!ここに宣言します。アフィリエイトをまだやっていない人や、これから始めたいと思う方はアフィリエイトとは?を参考にすると良いでしょう。非常にまとまっていてわかりやすいサイトです。

2011年12月13日

カテゴリー:アフィリエイト

このページの先頭へ